太陽光発電システムの普及

最近、みなさんの家の周りにも住宅用太陽光発電システムを導入される
家が増えていませんか?
東日本大震災の際におきた原発事故以来、日本国内において、エネルギー政策
が見直されつつあります。
今まで主力とされてきた原子力発電からの脱却をはかり、これまでの火力発電
、水力発電だけではなく、風力や太陽光による発電に注目が集まっています。
その中でも、特に再生可能エネルギーと呼ばれる太陽光発電などについては、
石油・石炭などの化石燃料は限りがあるエネルギー資源と異なり、比較的絵短
期間に再生が可能であり、枯渇しないエネルギーであり、国としても普及する
施策が着々と進められているのです。
工場や大型スーパーマーケット等の商業施設などのたくさん発電の需要がある
ところはもちろんのこと、最近では、個人でも自宅用の発電システムを購入す
る人が増えてきています。
屋根の上に搭載しているパネルを見ることが増えていませんか?
これは、補助金が数年前から国や自治体からだされるようになったところが多
く、自治体によってその額は異なるものの、それに伴って普及率も増えてきた
ように思います。
もちろん、たくさん電気を使う法人がこうした再生エネルギーを利用するとい
うことは日本全体のエネルギー事情を変えることにもつながるので、とても大
切なのですが、個人でも購入しながら普及を拡大していくことが国としてのエ
ネルギー事情を大きく変えることになる第一歩になることは間違いありません

自分だけやっても仕方ないと考えているのではなく、自分がちょっとすること
で少しでも地球環境のためになるのなら、
実行するということはとても意味のあることだと思います。
このまま原発にたよったエネルギー政策を続けていってしまった場合、日本は
どうなってしまうのでしょうか。
東日本大震災の教訓をいかし、次世代の人たちに、クリーンなエネルギー政策
を残していくこともとても大切な使命の一つであると考えます。
一人ひとりの心がけが未来の地球をかえていくのです。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>