価格(太陽光発電)

現在、住宅用の太陽光発電システムの価格については、非常に幅があります。
それは、そのパネルのもつ発電効率によるところが大きいといわれています。
100万円台で済むような安価のものもあれば、300万円を超えるものもあります。
安価な太陽光パネルであれば、発電量が少なく、思ったよりメリットが出ずにがっかりするというケースもあるようです。
反対に高い太陽光パネルを最初に購入することで、たくさん発電し、売電可能な電気の量が増えて初期投資の回収が早く終わるということもあります。
ですから、ご自宅の発電量(電気代)を見ながら、また、自己資金と相談しながら、自分の身の丈にあった太陽光発電システムを購入することが必要です。
実際、価格についてはここ数年でだいぶ下がってきているという印象があります。
というのも、海外勢が太陽光発電パネル業界に参入することによって、価格競争が起きてきました。
これまでの白物家電や黒物家電と同様に、このソーラーの分野においても、海外勢の応戦によって、相当のコストダウンを強いられているのが国内の大手メーカーです。
現在、日本は脱原発への真っ最中であることから、政府としての施策も次から次へ新しいものがでてくることが予想され、国民感情としても再生エネルギーの方向にシフト変換するような意識改革が地道に行われているような気がするのです。
ですから、この商機に各社こぞって価格の面でも下げて少しでも顧客獲得に奔走しているというのが現状でしょう。
ですから、住宅用の太陽光発電システムを導入しようと思ったときには、いくつかの太陽光パネルのメーカーで見積もりをとって比較検討することが必要です。
各社それぞれ値段も機能もさまざまです。
住宅によって、そのパネルが合う、合わないといったこともありますので、できたら家を建ててくれた建築業者や不動産業者とも相談しながら一社の話のみを鵜呑みにしないで進めていくことが大切です。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>