徳島で導入することの影響

四国は、台風の時期にはよく上陸ルートに重なり、被害がでるものの、普段は穏やかな土地柄というイメージがあります。
徳島は阿波踊りが有名で、開催されるときはたいていいいお天気で、暑そうだなあと思いながら、テレビのニュースで踊るあほうと見るあほうを見て楽しんでいます。
そんな徳島の様子を見ていると、太陽がさんさんと降り注いでいることから、太陽光発電の導入には向いている地域のように思えます。
四国の中では人口も比較的多いようですし、ここで太陽光発電の導入が進めば、四国全体に自然エネルギーを取り込もうという気運が高まるのではないかという気がします。
徳島での太陽光発電の導入が四国全体に影響すれば、それが中国地方にも海を渡って飛んでいくかもしれません。
四国が太陽光発電で発展するということは、日本経済にとっても決してマイナスにはならないと思います。
経済規模の大きなことでなくても、個人のお宅におけるメリットも大きいのではないでしょうか。