晴天の多い徳島県で太陽光発電

周知の様に太陽光発電は、太陽の光が発電パネルの当たる事によって発電がおこります。
ぶっちゃけて表現すると、「晴れ」の日が多い地域ほど太陽光発電を設置するメリットが大きい訳です。
徳島県は温暖な瀬戸内海式気候に属しています。
瀬戸内海沿岸部に特徴的な気候で、梅雨を除いては、年間を通して晴天が多い事が特徴です。
この為、瀬戸内海式気候に属する瀬戸内海沿岸部では、古くは塩作りが盛んでした。
昔ながらの塩の製法は、晴天によって海水を蒸発させるしくみが必要不可欠だったからです。
現代の科学的なデータでも、徳島県の年間日照時間は2000時間から2100時間です。
これは、国内でも有数な日照時間です。
日照時間が少ない東北や北海道等の県別データを見てみると、日照時間1700時間以下ですから、そのすごさがわかります。
単純に計算して、日照時間が少ない地域よりも、300時間から400時間多く、太陽光によって発電ができる計算になります。