太陽光発電の設置工事では、値切りすぎは禁物です

太陽光発電の工事をするときには、必要以上に値切りすぎないことが重要です。
いくらお金を出すのが惜しい、節約したいからといって、工事費まで値切りすぎると、のちのちの失敗のもとになります。
というのは、太陽光発電システムの設置工事は、できるだけ丁寧に、かつ時間をかけて行うことが望ましいからです。
そのためには、設置工事業者は時には太陽光発電システムをしっかりと設置するために追加部品が必要だと判断したり、通常の場合より工事期間を延長する、といった選択をする場合もあるのです。
また、業者は利益確保のために、設置工事では作業をするスタッフの安全対策を犠牲にする場合が多いことにも着目したいものです。
彼らは傾斜が急な屋根に太陽光発電システムを設置する場合、通常ならばスタッフの安全を確保するためにそこに足場を組むことが多いのですが、足場を組むたびに5万円から10万円のコストがかかるため、それを省略していることもしばしばだそうです。
利益が確保できないとなると、太陽光発電システムの設置工事業者は、急な斜面の屋根であっても足場を組まずに強引に設置工事を行って、利益を確保しようとします。
こういった状況で設置工事をしても、丁寧でしっかりとした工事ができず、のちのちの施工トラブルのもととなってしまうことは言うまでもありません。
このように、必要以上に太陽光発電システムの設置工事費を値切ることは、工事を依頼する人にとっても不利な状況を生み出すことになりますので、できる限り避けたいものです。