沖縄で導入するなら

沖縄県では、沖縄版グリーン・ニューディールを策定し、綺麗なちゅら島とサンゴ礁のある自然環境を守るため、県、県民、地元企業をあげて、環境問題への取り組みに積極的に取り組んでいます。
太陽光発電にいたっては、2020年までに、戸建て住宅の5世帯に1世帯の割合で普及を目指しており、将来的には、ほぼ全世帯で太陽光発電を設置することを目指しています。
このように県としての具体的な目標まで掲げて、太陽光発電の普及促進を図っている沖縄県ですが、中には、この状況を利用して、高額な太陽光発電設備の執拗な押し売りなどをしている業者があるようです。
沖縄県で、安心して太陽光発電の購入及び設置を依頼するなら、沖縄県太陽光発電事業協同組合に加盟している業者にお願いするのがおススメです。
確かな技術と実績のある業者が集まって、信頼の維持と更なる発展のために組織された、太陽光発電やオール電化の設備を販売、保守を行っている組合です。
この組合に所属する業者なら、しつこい勧誘や大げさな説明、強引な契約の取り交わしなどは、一切なく、顧客を重視した健全な活動をしています。
最近では、この組合加盟を偽って営業活動をする業者もいるようですが、組合加盟の販売店や販売員は、組合の刺繍が入った作業服を着用しているので、説明を受ける前にしっかり確認をとりましょう。
この組合では、国内外の有名メーカーが手がける高品質な太陽光パネルを取り扱っており、お客さんの要望や予算、屋根の形状や面積、高さ、方位などの設置環境に合わせた最適な、太陽光発電システムを提案してくれます。