早寝早起きは三文の得

太陽光発電にしてから、ご近所の方に「何だか暗くなったわね」と言われます。
暗いというのは夜の我が家のことです。
太陽の出ていない夜間は電気代がかかるので、極力電気は使わないようにしているからでしょう。
これまでは2階の子供部屋2つと、1階奥にある主人の部屋、そして私が過ごすリビングや廊下など煌々と電気がついていました。
しかし、今では家族4人ダイニングキッチンかリビングで過ごします。
家族団らんの時間が増えて嬉しく思っています。
そして、夜10時には寝てしまいますね。
夜間は冷蔵庫と常夜灯くらいで、それ以外のスイッチやコンセントは全てオフしています。
おかげで、電気代はほとんどかかりません。
昼間は太陽光発電で賄え、売電収入もありますから、かなり光熱費がカットされています。
その代わり、朝は早いです。
ご近所の中でも一番ではないでしょうか?
5時起き、夏場には4時過ぎくらいに起きることもあります。
子供たちは早朝に勉強するようになりました。
夜より時間が限られる分、集中して取り組むので効率も上がり、よく覚えられるようになって成績も少し上がりました。
私はこれまで寝過ごしてしまい、お弁当を作れない日が月に何度かあったのですが、今は朝に余裕があるので、しっかり3人分作っています。
お弁当がないと、主人は外食、子供たちは買い食いでお金はかかるし、体調にも良くなかったので、今は健康管理が行き届いている感じで嬉しいです。
我が家では太陽光発電のおかげで生活習慣が健康的になり、団らんの時間が増えたり、成績が上がったり、光熱費の節約ができたりと良いことだらけです。