エコで安全太陽光発電、原発と関係ないから安心です。

以前から、ゲリラ豪雨、暖冬、本来は南の島に住む毒蜘蛛セアカゴケグモが日本で越冬するなどの現象を通じて地球温暖化を身近に感じていました。
温暖化の原因が化石エネルギーの燃焼による二酸化炭素の放出ということは、文明が地球温暖化を促進してしまったと言えます。
原子力発電は二酸化炭素を放出しないので地球環境にやさしいと言われていた時期もあったのですが、東日本大震災の津波による福島第一原子力発電所の大事故、放射能の流出で原発の安全神話は脆くも崩壊しました。
そうなると、残る選択肢は太陽光発電や風力発電、地熱発電などの自然エネルギーになります。
風力発電は風が吹かないと実現できないし、風車の回る音が住民にとって騒音として迷惑、地熱発電は設備にお金と時間がかかります。
切り札はやはり太陽光発電、自宅の屋根の上に設備を設置するだけだから簡単です。
お勧めの理由はたくさんあります。
第一は現在多くの業者がこの分野に参入してきて競争が活発であること。
新しい技術の開発や価格破壊の値段で導入できることが期待できます。
第二はオール電化をすることで、ガス代の負担がなくなり、家の光熱費が少なくなること。
第三は余った電力は電力会社が買い取ってくれる電力買い取り制度があり、ローンを組んで設備を導入しても、負担が相殺できると期待できること。
(この制度の買い取り値段は変動が見込まれるので常にチェックをする必要があります。

第四は、二酸化炭素を出さずエコに貢献できること。
このようにメリットがいっぱいある発電方法ですから導入を検討することをお勧めします。