太陽光発電と蓄電池

太陽光発電システムの普及が進められていますが、最近ではさらに蓄電池もあわせて購入するという人が増えてきました。
電気は蓄電池がなければためることができませんので、一般的に太陽光で集めた電気はその場で使いきるか売電をするということになりますが、この蓄電池を購入することによって、昼間に太陽光発電でためた電力を夜間や日のあたらない時間帯、雨の日などに使うことができるのです。
この蓄電池の存在は、やはり東日本大震災を機に非常に注目を集めるようになりました。
災害などで停電になってしまった緊急時に電気を使うことができるツールとして、また計画停電が実施の際には非常に活躍するツールとして非常に重宝されるようになったのです。
実際、導入されている例というのは日本国内ではあまり多くありませんが、近年の太陽光パネルの普及に伴って、徐々に増えているというのが現状です。
工場では比較的昔から、この蓄電池というのは設置されている例が多いのです。
というのも製品の品質を守るために、非常時に備えて必ず数時間は発電できる体制を整えてリスク管理を行っているからです。
太陽光発電だけではないのですが、大きな自家発電機が工場の屋上や裏にあって、そこに一緒に蓄電池もあるというのは非常に一般的な話です。
実際、数年前は今よりもかなり原油が安かったために、自家発電することによってでるメリットというのは膨大なものがありました。
現在は原油価格の高騰もあってメリットがあまり目立たなくなってきつつありますが、それでも災害時、緊急時に使えるということで発電システムを工場として持っておくというは企業として必須の命題であると思われます。
未曾有の災害というのは、いつ何どきくるのか予測もつきません。
うちは大丈夫と思っていても、来るのが災害なのです。
そのときに備えて太陽光発電システムと蓄電池を抱き合わせて購入するというのも、災害時のリスク管理といえるのではないでしょうか。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>